口元

くすまないお肌を目指して

綺麗な顔

お肌のくすみは、女性にとって大敵ですよね。お肌にくすみがあると印象も暗くなりがちですし、何だか自信が持てずにコンシーラーやファンデーションで隠す事が多く
毎日、お化粧する度に気分が下がってしまいますね。
くすみの原因は、いくつかありますが、摩擦を与える事も良くないそうです。摩擦と言うのは、擦る事、たたく事です。洗顔時、ゴシゴシと顔を擦っていませんか?洗顔は優しく丁寧にクリームの様な泡で行うといいでしょう。メイク落としの時もコットンをゴシゴシ擦りつけずに、お肌の上を滑らせるよう行った方が良いですね。
洗顔後の保湿ケアの際も、化粧水や乳液は手に取ったらパックするように使うといいです。化粧水、乳液を手に取って保湿したい部分に手を当てたら、10秒ほどキープ。そうする事でお肌に化粧水などがしみ込みやすくなるので効果がアップします。
私は、この方法を実践するようにしてから、ほうれい線が目立たなくなりました。ファンデーションがほうれい線に入り込む事も無くなり、見た目の印象が良くなったと思います。
よく、洗顔後にパチパチとお肌をたたいて保湿ケアする人が居ますが、あの方法だとお肌に摩擦を与えるのでくすみの原因になるそうです。
くすみ対策に大事なことは、擦らない事、摩擦を与えない事、しっかりと保湿ケアしてあげることだと思います。

夜のオイル美容液でエイジングケア 

20代では毛穴の汚れなどが気になりだし、30代、40代になると、母親のしわが気になっていたのが、鏡をみると、自分の顔に出来ていることが気になりだしました。…

赤い服
TOP